【大分県佐伯】アマビエの甘酒の通販サイトや購入方法は?あまざけ工場「麹の杜」が販売し話題に

大分県佐伯市にある酒造メーカー「麹の杜」が、多くの人に元気を届けたいという思いから、疫病を封じ込めるといわれている妖怪「アマビエ」をキャラクター化し自社のキャラクターとコラボさせたラベルの甘酒が話題になっています。

今回はそんな、「アマビエ」ラベルの甘酒の通販サイトや購入方法などについてまとめていきたいと思います。

【大分県佐伯】アマビエの甘酒の通販サイトや購入方法は?

今回話題になった「アマビエ」ラベルの甘酒の販売日は5月1日から。

県内の小売店や同社のオンラインショップで販売され、売り上げの一部はコロナ対策の関係機関に寄付されるとの事です。

ぶんご銘醸株式会社ンラインショップはこちら☟

https://www.bungomeijyo.co.jp
TEL : 0972-58-5855
FAX : 0972-58-5857

4月30日時点では、オンラインショップでの販売はまだ既存商品のみの発売となっていましたが「アマビエ」ラベルの甘酒の販売も近いうちに開始される思われます。

ラベルは既存のものとなりますが楽天などでも「麹の杜」の甘酒は購入する事ができます。


◆最新入荷もの◆【甘酒/ぶんご銘醸/ソフトドリンク】麹天然仕込 酒蔵のあまざけ 900ml ノンアルコール さいき殿伝金賞受賞◆12本まで1個口で発送できます◆

【大分県佐伯】アマビエラベルの甘酒の商品情報について

出典元:大分合同新聞

  • 商品情報:ノンアルコールの甘酒
  • 容量:500ml
  • 価格:669円(税込)
  • 購入者にはアマビエと麹の杜のキャラクター「こうじちゃん」を印刷した塗り絵もプレゼント。
  • 「塗り絵はオンラインショップからも無料でダウンロード可。

アマビエとは?
半人半魚の妖怪。江戸後期に肥後(現在の熊本県)に現れ「疫病が流行した時は私の姿を描いた絵を見せなさい」と告げたとの伝承がある。

「アマビエ」はネットでも

疫病の神様として今アマビエに注目が集まっているようですね。